日本山人参調査隊 ヒュウガトウキの効果・効能を徹底調査

日本山人参調査隊TOP>>日本山人参(日向当帰)と漢方・和漢の関係性

 

日本山人参と漢方・和漢の関係性

今や「漢方」という言葉は私たちにとって聞きなじみのある言葉になりました。 しかし、和漢という言葉はあまり知られておらずまだまだ私たちの生活にとって馴染みのないものだと言えるでしょう。 ここでは和漢についてわかりやすく解説、漢方との違いを紹介するとともに日本山人参(日向当帰)は漢方や和漢に該当するのか否かを調査していきます。


和漢と漢方の違い

まず漢方とは古くから中国で使われ、伝わってきた中国医学のことを指します。 漢方の簡単な定義として「古代中国の医学書に定められたレシピ通り処方したもの」が当てはまります。 つまり漢方は中国の方が中国人の体質などを基にして発展させ伝承してきたものなのです。 しかし、漢方は中国で生まれた考え方であり日本人が作ったものではありません。

そこで漢方を日本人向けにアレンジしたのが「和漢」となります。 これは簡単に説明すると古代中学医学から学び日本人向けに漢方をベースとしアレンジしたものです。 特徴的なポイントとしては日本の素材などを独自配合している点が挙げられるでしょう。

日向当帰は漢方?

日向当帰はそもそも朝鮮人参が日本に持ち込まれ育ったのが始まりだと言われています。 その生い立ちや根の部分が生薬として認定されているという実績から、日向当帰は漢方なのではと勘違いされがちですが厳密には漢方には当てはまらないと言えるでしょう。


そこで重要になってくる日向当帰の味ですが実際のところ「苦い」商品があります。 この苦いや美味しくないというのはある意味健康食品と切り離せないポイントでもあり、様々な健康成分が入っていると味が独特になってしまうという特徴でもあるのです。 つまりこの日向当帰の苦さこそ裏を返せば健康成分が凝縮されているともとれるでしょう。


なぜなら、漢方とは上述した通り「古代中国の医学書」に記されている処方を行っているものが当てはまります。 なので日向当帰は残念ながら漢方薬には該当しないと言えます。


オススメ「ヒュウガトウキ」商品を特集しました

ヒュウガトウキの選び方

当サイトがオススメするヒュウガトウキ商品を価格・ネット上の口コミなど多角面から徹底的に比較検証しランキング形式でピックアップしました。 ヒュウガトウキの健康食品は貴重な素材をふんだんに使って商品化されているものが多く高価格帯のものが多いので、購入前にしっかりと自分に合うヒュウガトウキを見極めてください。


ヒュウガトウキ比較ランキング