日本山人参調査隊 ヒュウガトウキの効果・効能を徹底調査

日本山人参調査隊TOP>>日本山人参(日向当帰)とは

 

日向当帰とは?イヌトウキと同じもの?

健康意識が高まる昨今、サプリメントや健康食品に対する注目度は益々高まっています。 その中で健康マニアの間で注目を集めている健康食品が「日本山人参(ヒュウガトウキ)」です。 しかし日本山人参(日向当帰)について調べていると「イヌトウキ」や「朝鮮人参」などと似ていることから混乱する方も多いのではないでしょうか。 このページではヒュウガトウキの概要や特徴を紹介するとともに、イヌトウキとの違いをご紹介していきます。



日向当帰の特徴

日向当帰とは現在、九州の一部と茨城県で栽培されている植物で旧薩摩藩の住人が「神の草」として江戸時代から民間薬として利用していた歴史のある植物です。 山奥で育つと言われており、無農薬栽培でなくては育ちにくいことから非常に希少な健康素材として現代でも再び注目を集めています。

ヒュウガトウキとイヌトウキってどう違うの?

江戸時代から神の草と呼ばれていた日本山人参でしたが、昭和に入ると日本山人参がどういった植物なのか調査する活動を行うようになりました。 その結果日本山人参はイヌトウキであると発表論文などで記載されることになったのです。 しかしその後もさらに詳しい調査が行われ続けたところヒュウガトウキは新しく認められた植物だという事が判明したのです。 そして日本山人参として市販されているものの多くはイヌトウキではなく日向当帰に近いということが発表されました。


葉の形状や含有成分、自生地などがことなることやイヌトウキ自体には生薬として用いられた歴史がなく、結果的に日本山人参はヒュウガトウキだということが世に知れ渡りました。 また平成に入るとヒュウガトウキの根が医薬品とする生薬だと認められ、優れた健康素材だということが伺い知れます。


日向当帰は健康食品?生薬?

日向当帰の根が医薬品として認められたことから健康マニアの間でも注目度が高いです。 日向当帰を使った健康食品はヒュウガトウキの葉を用いて作られています。 実はヒュウガトウキの要となる成分とも言われているYN-1はヒュウガトウキの葉に多く含有されており、その健康改善への高い期待が寄せられているのです。

オススメ「ヒュウガトウキ」商品を特集しました

ヒュウガトウキの選び方

当サイトがオススメするヒュウガトウキ商品を価格・ネット上の口コミなど多角面から徹底的に比較検証しランキング形式でピックアップしました。 ヒュウガトウキの健康食品は貴重な素材をふんだんに使って商品化されているものが多く高価格帯のものが多いので、購入前にしっかりと自分に合うヒュウガトウキを見極めてください。


ヒュウガトウキ比較ランキング